知っておくと便利!家庭用サウナについてのよくある疑問解決に役立つ情報を紹介

家庭用サウナには乾式と湿式の2つの種類がありますが、乾式は湿度が非常に低く温度が高いのが特徴、これに対して湿式は温度は低めで湿度は100%などの違いがあります。そのため、家庭用サウナでどのような方式が良いのか、問題解決のためにはそれぞれのサウナを体験して好みを知ることが先決です。また、家庭用サウナはお手入れが必要不可欠で特に汗や水分などが残ったままにしているとカビなどの原因に繋がるため、使用後は水分を拭き取り乾燥させることが大切です。

家庭用サウナとはどのような設備?

家庭用サウナは個人や家族が自宅で楽しむための設備で、これらは一般的にコンパクトに造られていて住宅の一部として導入されることがあります。 家庭用サウナには通常、サウナ室が含まれていて、断熱された部屋で温度や湿度を調整するための特別な設計が施されています。室内には電気またはガスを利用したサウナストーブもあり、これらは室温を十分な温度に加熱して湿度をコントロールするために使用されることが多いです。 ベンチや座席が備えられているので、利用者はリラックスしながら汗を流すことが可能です。サウナの温度や湿度を制御するためのパネルが用意されていて、好みに合わせて条件を調整できるのもあります。室内には照明が設置されており、明るさを調整できるため、自分の好みに合わせた設定に変えることもできます。 体験の一環として、外気浴用のスペースが設けられていることもでき、これはサウナから出て新鮮な空気を呼吸するためのエリアになっています。

家庭用サウナにはどういった種類がある?

近年はサウナの人気が高まるにつれて、家庭用サウナを導入したいと考える人も増えています。一言で家庭用サウナと言ってもいくつか種類あり、価格などが大きく異なります。 日本でよく導入されているのがドライサウナです。温度が80〜100℃の高温で、湿度が低いのが特徴です。強烈な熱に晒されることで発汗を促し、筋肉を緩ませることができストレスが解消されます。リラックス効果が高く、高温の環境で汗をかくことで毛穴が開いて汚れが流れ、肌の新陳代謝を活発になり美肌効果が期待できます。 体を温めるのを目的にするなら、スチームサウナが向いています。ドライに比べて比較的価格が安く、血行を良くすることができ、老廃物を排出します。免疫システムの向上にも効果があるとされていて、免疫細胞の活性化が促されることで風邪などを引きにくくなります。また、蒸気を使うタイプのため肌が潤うという美容効果も得られます。 家庭用のサウナとしては遠赤外線を使ったものが価格的にも導入しやすく、温度がやや低めのためゆっくり芯から温める効果があり、肩こりや冷え性などを改善します。

家庭用サウナの価格はどれくらい?

サウナでリフレッシュするのが好きなので、自宅でも楽しめるように家庭用サウナを購入しようと考えている方がいるかと思われます。近年、サウナがブームになっており、自宅に設置する方が増えているので何もおかしくないです。24時間好きな時に使用できますし、自分好みにカスタマイズできるなど多くのメリットがあります。 購入する際に気になる家庭用サウナの価格ですが、最も簡単なテントサウナは10万円から30万円が相場です。人気が高い屋内に設置するフィンランド式サウナは、1人用で100万円から120万円で、2人~3人用で150万円から180万円くらいになります。オーダーメイドの場合は100万円から300円です。オーダーは価格が高くなりますが、その分細かいところまでこだわることができます。家庭用サウナは安さだけではなく、お手入れのしやすさも含めた使いやすさを重視するべきです。長く使用していくことを考えたら、使いやすさは蔑ろにできないです。

家庭用サウナの設置に必要な条件とは

家庭用サウナを設置する際には、スペースの確保やサウナの重量、コンセントの電圧などの条件をクリアしているかをしっかり調べる必要があります。家庭用サウナを設置は一般的なボックスタイプの場合、一辺が1メートル程度なので、余裕をもって1.5メートルから2メートル程度のスペースが必要になります。また、建築基準法により1平方センチメートルあたり180kgに耐えられる必要があるため、180kg以下のサウナを選びましょう。ボックスタイプは一般的に200Vのコンセントを使用しますが、電圧が低かったりする場合は電気工事を行わなければいけません。家庭用サウナはベランダにも設置できますが、集合住宅の場合は建築基準法で避難経路に指定されていることが多く見られます。そのため、しっかり120㎝以上の奥行きを確保できない場合はベランダの設置はおすすめできません。消防法では天井付近の温度が110℃を超えないよう定められていますので、家庭用サウナの設定温度が高温だと火災の危険性が高まります。

家庭用サウナの正しい使用方法

毎回サウナを利用したいからと言ってサウナ店に出向いて体験するのは時間もお金も必要になってきて大変なので、もっと長く続けていきたいと希望しているならぜひ自宅に設置できる家庭用サウナを購入してみることをおすすめします。家庭用サウナなら自分が使いたい時に自由に使用することができますし、自分だけの完全プライベートな時間を満喫していけるので誰かの目線を気にする必要がないところが魅力になります。また、電気代のみで良いのでそこまで高いコストになる心配がなく、自由度の高いサウナ体験を自宅で気軽に楽しめるようになるところが良さと言えるでしょう。ただし、使用方法に関しては適切に行うようにすることが大切です。のぼせてしまって意識を失うようなことがあるとすごく危険ですし、自分一人しかいない状態で助けを気軽に呼べないのでは命に関わる危険性を伴ってくることもあるので、必ず1セット5分から10分程度にし、適度に湯冷めさせてのぼせないように注意することが大切です。

家庭用サウナの適切な使用頻度

最近むくみが酷くなってきた、毎日の疲れがなかなか取れなくて肩こりや腰痛などが厳しい状態にあるなど、体の至るところに不調を感じていてしんどいと思う場面が多くなってきている場合には、自宅でいつでも気軽にサウナが楽しめる家庭用サウナを導入することを検討してみてはいかがでしょうか。家庭用サウナは小さなボックスタイプになっているので、思っている以上に部屋の場所を取る心配がなく、女性一人でも少しの力で移動させられるなど快適に使えるところが魅力になっています。しかし、どんなに便利で使い勝手が良いからといっても本格的なサウナであることは間違いない為、使用頻度を多くして無理に長く入るようなことだけはしないようにしてください。無理をし過ぎてしまうとのぼせて眩暈を引き起こしてしまうことがありますし、高血圧になって緊急搬送されてしまうことも多いに考えられるからです。そんな心配がないようにする為にも適切な使用頻度を守り、体を大切にいたわりながら使うことを大切にしていけば大丈夫でしょう。

家庭用サウナの使用前後の注意点

店に行くのは面倒なので、家庭用サウナをこれから購入しようと考えている方がいると思われます。安いものだと数十万円、細かい部分までこだわることができるオーダーメイドのサウナであれば300万円くらいで設置することが可能です。好きな時にサウナを楽しむことができるので、頻繁にサウナを利用する方は購入する価値が十分あります。家庭用サウナの注意点は、定期的なお手入れが必要なことです。お手入れをしないでいると性能が低下してしまったり、故障することもあるため気をつけてください。しばらく使用しない場合でも木材などが劣化してきてしまうので、定期的にお手入れをして長持ちするようにケアをしないといけません。面倒に感じるのであれば、家庭用サウナを購入するべきではないです。正しい方法が分からないのであれば、家庭用サウナを使用している人に聞いてみることをおすすめします。手軽に行える方法を教えてくれるので、有益な情報が得られます。

家庭用サウナを使うことで得られる健康効果

サウナが好き過ぎて温泉や銭湯に設けられた施設に満足できず、家庭用サウナを自宅に導入しようか検討している方も多いのではないでしょうか。自宅にいながらいつでも好きな時にサウナに入ることができるのが魅力ですが、どのような健康効果が期待できるのか気になるという方も少なくありません。家庭用サウナを使うことによって得られる健康効果はまず、「疲労回復」です。80度〜90度の温度で設定されたサウナ内では血流が安静時の2倍近く増進するため、身体がより多くの酸素を取り込み、疲労の原因となる物質を体外へ分泌しやすくなるため疲労回復を期待することができます。1日の終わりに入ることで家事や仕事で駆使した身体を芯から労わることが可能です。次に高音の空気が肌全体を刺激することで中枢神経の興奮が高められ「ストレス解消」にも繋がり、熱い温度が苦手な場合でも低音の家庭用サウナであれば鎮静作用が働くため、睡眠の前に入浴することで「安眠効果」も期待できます。

家庭用サウナの副作用にはどういったものがある?

お店のサウナと違って家庭用サウナはそこまで高い性能がない為、使用方法を間違わないように気を付ければのぼせたりクラクラするような心配はしなくて済みます。 しかし、我慢して入り続けると体調を崩してしまうこともありますし、こまめに水分を取らないと脱水症状が現れて救急車で運ばれてしまう危険性も生まれることになるので、家庭用サウナを使用する際には絶対に無理をしないように心掛けることが大切になってきます。 また、どんな副作用が起こりやすいかについても詳しく知っておきましょう。最も良く現れやすい症状と言えば、蕁麻疹が起きたり所々火傷のような症状が現れる場合が多いことです。 ほとんどは一時的なもので直ぐに元の肌色に戻すことができますが、痒みを感じるからと言ってしつこく搔きむしってしまう血が出てしまうことがありますし、跡になって一生残ることも考えられるので絶対にしないようにすることが大切になります。 それと、サウナ後は肌全体が乾燥している状態なので、スキンケアを丁寧に行ってカサカサの状態にならないように対策することも必要になってきます。

家庭用サウナに関する情報サイト
家庭用サウナのよくある疑問を解決

このサイトは、自宅にサウナを導入するときよくある疑問を解決できるお役立ち情報を幅広くご紹介しています。家にサウナがあるとお店に行く手間を省けるので往復の時間を有効に活用できる、お客さんがいないので気兼ねなく楽しめるなどいろいろな魅力があります。しかし、導入するとなると高額な費用が必要になることやメンテナンス費用や維持費などがどのくらいかかるのか気になる人も多いといえましょう。ここでは、家庭用サウナを設置するメリットやデメリットなどを中心にご紹介しているので参考にされると良いでしょう。

Search